あの「カラミざかり」が実写のAVになっていた! さらに「人をダメにするちょいブス」も・・・

みるこです。こんにちは。

すごいものを発見してしまいました!

エロ漫画好きならきっとみんな知っている・・・当サイトでも激推しの・・・桂あいり先生による大ヒット作品「カラミざかり」が、なんと実写のAVになっているではありませんか!

「カラミざかり」、本当に素晴らしくエロくてヌケる作品で、あれを読んでからというもの、自分の中での「エロ漫画の女性キャラお気に入りランキング」で飯田里帆さんは不動の1位をキープしているほど・・・。

そんな「カラミざかり」を実写で再現しようとは・・・無謀な・・・ッ! 

実写再現モノの難しさ

というわけで、実際の仕上がりですが、やっぱりどうしても期待値が高くなってしまう分、正直「これじゃない」感のある出来となっておりました。

キャストは、新山さん役が枢木あおいさん。飯田さん役が有坂深雪さん。どちらも可愛くてエロくてイイのですが・・・原作漫画のイメージと違うのです・・・。

枢木あおいさん、めっちゃ可愛いんです。可愛いんだけど・・・新山さんはやっぱりもっと明るい髪色のショートでもうちょいチャラくて強気なヤンキー感が欲しいというか・・・。

そして飯田さんはもっとこう・・・初めて感のある・・・エロ慣れしてない感が欲しい・・・!

有坂深雪さんエッロくて素敵なのですが・・・なんというかもう、あふれ出るエロ美女感が隠せないというか・・・。この作品の重要な設定として、高成には「飯田にはエロい奴だと思われたくない」という気持ちがあるわけで、そんな幻想を抱く対象としてはやっぱりちょっと違うんじゃないかと。

こんな子がこんな流れで初チンポを受け入れてしまうなんて・・・(涙)! という衝撃が欲しいのです。

あとはやっぱりAVなので仕方ないのでしょうけど、本番シーンが盛り気味。4人とも初体験という設定なのに、これはないわ・・・というエロさ全開のSEXとイキぶりを見せてくれていて、そこはでも原作の緊張感とぎこちない手探り感・・・みたいな雰囲気を守って欲しかったなあと。

でもヌケる

とは言いながらも、単純にAVとしては十分にヌケるものになっています。

やっぱりベッドの上に押し倒された飯田さん・・・有坂さんが恥ずかしい大股開きの体勢で、初めての挿入を受け入れてしまうシーン、それを横目で呆然と眺めるしかない主人公・・・という構図は本当にたまらないものがあります。太ももがスラッと細くてそれがまたエロくてイイんですよね・・・。

そして新山さん・・・というか枢木あおいさんがめっちゃ可愛い(2回目)。手コキでエッチな気分が盛り上がって、思わず精子まみれの貴史のチンポに食いついてお掃除フェラしてしまうところとか本当に最高です。挿入シーンもむしろ飯田さん以上に「初めて」のドキドキが伝わる感じでたまりません。

なので、原作に思い入れがありすぎる人でなければ普通に楽しめるはず。

まあでもエロ漫画に限らず、こういう実写再現モノは誰が演ってもそれなりに不満が出てしまうものかもしれませんね。

しかし!

そんな中、これはあまりにも再現度が高い! と驚かされた作品がありました。

驚異の再現クオリティー

こちらも大ヒットしたエロ漫画の名作、あの「人をダメにするちょいブス~顔40点、身体120点の彼女~」も、実写AVになっていて、それがもう・・・素晴らしい仕上がりで。

ヒロインのちょいブス巨乳女、斎藤祥子役は松本菜奈実さん。

ちょいブスじゃなくて普通に可愛いんじゃ・・・と思いきや、髪型や服装やメガネで見事なまでに「祥子」になりきっている・・・!

そして脱がせば当然あのドエロい爆乳。漫画かよ・・・って漫画でした・・・じゃなくて実写だ! みたいな二重の感動があります。すごい。

コスプレシーンでの衣装も完璧で、実際にイベント会場にいそうな雰囲気もリアル。こりゃ囲まれますわ・・・という感じ。

SEXシーンはまあAVなので全力でヤリまくりですが、この作品に関しては原作もそんな感じなのでいたって自然で違和感なし!!

というわけで、「実写再現モノはちょっと・・・」と思ってる人も、これに関しては気合の入った再現ぶりを面白がりつつしっかりヌケて楽しめるのではないかと!

ぜひ漫画本編のほうを見てからお楽しみください。

以上まんがみるこでした。たまには三次元の紹介も楽しいものですね。

まんがみる!ブログとは

「まんがみる!」の中の人のブログです。おすすめのエロ漫画や、その他エロに関するニュース、面白ネタなどについて書いていく予定です。ほぼ全部エロなのでお気をつけ下さい。好きな食べ物は餅です。

人気の記事

最近の投稿